読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料交通取締りご相談センターの実態(1)

弊社の
『無料交通取締りご相談センター」には毎日10名様以上のドライバーの
方々からご相談があり、累計では既に1万名様を突破しています。


皆様に共通した感情は警察へのぬぐい難い不信感です。

卑怯にも物陰に隠れて待ち伏せし、キップを切る。

警察官の停止を無視して逃げてしまうドライバーも多く、そうなれば
手も足も出ないクセに真面目な正直者には容赦はしない。


オービスのような三菱電機製の冤罪量産マシーンを使って
ドライバーを引っ掛け、脅して言うことをきかせようとする。

一言で言って交通警察は「人間のクズ」の集まりです。


だから結婚も友達もできにくい警察官の中にあって、交通警察
は仲間からもクズ扱いされているくらいです。だから更に結婚も
友達もできずに一生を終わる気の毒な男達であふれています。


そもそも就職の動機が正義感などではなく、無能な自分が一生
安定して暮らすには公務員の中でも馬鹿でもできる警察官しか
ないから志望したというタコがほとんどです。


そして本来は書きたくもない裏金犯罪用のニセ領収書を偽造することを
上司から強要され、分け前もキャリア官僚の1万分の1も貰えない。


どうですか?ここまで私達「ドライバーの敵」である
警察をコキ下ろすと気持ち良くないですか(笑)


「無料交通取締りご相談センター」へのご相談は情報の宝庫
でもあり、「正義感の充足」という点では既に私のライフワーク
となっています。

そんな「無料交通取締りご相談センター」の生の実態の
ご報告を今週からお届けしたいと思います。

お楽しみ下さい!