読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタ86はスポーツカー?

まもなく発売となるトヨタ86(スバルBRZ)、実に明解なる
コンセプトのクルマである。


重心が低くバランスの良い水平対向4気筒ボクサーエンジンをFRという
駆動方式でドライビングを楽しむというコンセプトは世界で唯一と言っても
良いだろう。


スポーツカーとしての一番のファクターであるハンドリングを楽しむ
クルマは世界中で数々のミッドシップが既に実現している。


しかしFRでここまで極めたクルマは世界初と言っても良く、
しかも200万円程度とリーズナブル。


スバルだけではFFでしか生かせなかったボクサーエンジンを
業界のトップ企業・トヨタとのコラボレートでパーフェクトなモノに
完成させたのはクルマファンにとっては嬉しいニュースである。


しかし残念ながら、全く似合っていないレーシングスーツを身にまとった
トヨタ社長がわざわざドリフトのパフォーマンスまで披露しつつ
語る『クルマ屋がこの手のクルマを提供すれば、若者達が再びクルマを
あやつる喜びに目覚める』などとは単なる妄想に過ぎないであろう。


若者達にとってはもうとっくの昔にクルマは実用性が一番重要であり、
その維持費用も米国に比べ30倍も必要になるような金喰い虫であると
認識され、できる事なら所有しない方が賢いのではとの考えが都会では
浸透しつつある。


今後ともクルマ文化はオジサン達が独占して行くのであろう。


PS
トヨタ86は決してスポーツカーではありません。
スポーツカーは2シーターに限ります。
トヨタ社長が平然とトヨタ86をスポーツカースポーツカーと
連呼する所に「解ってねえ、ボンボンだな!」
と感じてしまいます。

そしてそれに迎合するようにトヨタ86を純然たるスポーツカーとして
大げさに持ち上げるモータージャーナリスト達に対しては哀れな同情
すら感じてしまいます。そこまで自動車メーカーにヨイショをしないと
仕事が来ないのかと。

増々言いたい事が言えないモータージャーナリストは日本のメディアの
体質を最も象徴している事例と言えるでしょう。