読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盗っ人程自分の金を盗まれると腹を立てる

先日警察署員の互助組合からの助成金20万円を着服したとして
警視庁綾瀬署の事務職の課長代理を警視庁が逮捕した。


この逮捕にはちょいと驚きました。


警察庁主導の下、全国27万人の警察官が例外なく領収書を偽造する
その他の手口によって私達の納付した税金を詐欺・横領し何度バレても
やめようとしない事実はすでに有名です。


その金額たるや毎年毎年400億円以上にものぼります。

今回の事務職が着服した金額は20万円。
警察官が毎年着服している金額の僅か20万分の1にしか過ぎません。

それなのに穏便な処理を選ばずに強制逮捕し、名前まで公表しました。

警察官というのは国民の金である税金は平気の平で盗み取るが、
いざ自分達への助成金を盗まれると情容赦ない行動に出る。


警察の裏金犯罪で逮捕された者は今までに只の一人もいません。


同じ警察署内で働いていても、警察官は事務職を同じ仲間とは見ていないのでしょう。

貧困家庭出身者の多い警察官のことですからお金にイジキタナイのは
分かりますが、悪党ならもう少し仲間の顔を立てても良いのではないでしょうか。