読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう鯨を殺すのはやめにしましょう


鯨の肉が余っています。


それなのに「調査捕鯨」だのと詭弁的名称で
禁止されている「商業捕鯨」を続ける日本。


日本のマスメディアはこの詭弁的捕鯨に誰一人として
批判しないのも情けない限りです。


国際環境保護団体・シーシェパードに攻撃されて当然だと思います。


一方和歌山県太地ではあの愛くるしいイルカを追い込んで
刺し殺して、喰ってしまうという。


鯨やイルカは自然界に生息する知能も発達した大型の哺乳類で
私達の仲間とも言える存在です。


死に至るまでには大変な苦しみも伴います。


そんな仲間を苦しめて喰ってしまうなんて
野蛮な事はもうやめにしましょう。


他に美味しいモノはいくらでもあります。


そうすると一部のワカランチンは『鯨食は日本古来の文化である』
などとノタまわります。


しかしどうですか、かつて食文化として人肉を喰っていた
アフリカの食肉人種も今では人肉を喰ったりはしません。


文明の進歩に合わせてそれをやめた訳です。


私達日本人はもうこれ以上鯨を殺すのは
やめにしようじゃありませんか。


そんな事を続けていたらもっと日本は悪い目で見られた
特別の国扱いをされてしまいます。