読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコさにかけては九州一?

私の所には全国のドライバーの方々から色々なご相談や情報を
頂いております。


情報の中には「 警察がこんなズルキタナイ事をしている 」などと
言うのも非常に多く、警察官の人間性を疑わせるものが多いのが特徴で
テレビのヨイショ番組「 警察24時モノ 」には絶対に出て来ないような
セコイ警察官の実態がうかがえて大変笑えます。


一例をあげれば、福岡県警で実施している
「 自動ドアのそばでのネズミ取り 」
これはレーダー探知機ユーザーの為?のネズミ取りで
警察にしてみればレーダー式のネズミ取りは簡単で便利だが
いとも簡単にレー探により見やぶられてしまう。


そこでネズミ取りと同じ周波数×バンドを使用している
自動ドアのそばでネズミ取りをやるとどうなるのか?


いつもそこを通るドライバーはいつもレー探が鳴るので
いつもの自動ドアと思い法定速度40km/hの道路を
安全速度の60km/hで走行し、キップを切られる。


これが男らしさを売りにしている九州男児のやる事でしょうか。


余りのセコさに言葉を失います。