読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコイ白バイはこうしてイジめましょう

白バイは良く物影に隠れてセコい取締りをしています。

そんな現場に遭遇すると私は俄然攻撃的に変身します。

私が白バイをイジめる時は高圧的で超タカピーです。


私「オイ、コラ、オマエ、こんな所で何をしているんだ?」
白バイ『…イヤ、あの、その、取締りです』
私「こんな卑怯なことをしていて恥ずかしくないのか?」
白バイ『法律通りやってます』


こういう可愛くない事を言うサンピンヤローには強烈な
パンチを喰らわしてやります。


私「じゃあオマエは今までに何枚、捜査費のニセ領収書を
書いているんだ?」


白バイ『そんなものを書いた事は無い』
私「じゃあニセ領収書を何回頼まれた事があるんだ?」
白バイ『そんなものは1回も頼まれた事は無い』


そこで思い切りツッコミを入れてあげます。


私「オマエは今、まばたきを5回して、唇の端がヒクっと上がったゾ。
嘘を付いてもすぐに解るんだゾ」

白バイ『…』


ここで必ずオマワリはダンマリを決め込みます。
これ以上嘘を見破られたくないのでしょう。


そしてこれで勝負ありです。

私「消えろ、コノヤロー!」
すると白バイは無言で
覚えてろヨと言わんばかりの悔しそうな顔をして、思いっ切り
スロットルをあけて去って行きます。



ザマーミー  バカヤロー

皆さんもぜひ真似して下さいネッ(笑)