読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料交通取締りご相談センターの実態(6

弊社の「無料交通取締りご相談センター」へのご相談の実例の
中で最も下品な県警だと断定できるのが「神奈川県警」です。


内容はこうです。

オービスの通知を無視していたら、ある日突然交機の白黒パンダ
(パトカー)でやって来た。(通常白黒パンダで来ることは
有り得ません。目立たない捜査用車両で来ます)


しかもスーツではなく、あの青い征服のままオヤジと若造で
来たという!?

そして本人が不在の為に妻にオービスの写真を見せこう言った
という。
『この写真の運転者はご主人ですね。認めないとこの写真を
持って近所をフレマワルぞ!』と


妻は『知りません。お帰り下さい。お帰りにならないのなら
110番しますヨ』と追っ払ったと言う。

妻のカガミかあ?(笑)

しかしここまでエゲツない仕事をするのは「不祥事の玉手箱」
神奈川県警ならでは!

相手にしねえ方が良いゲスヤロー、それが神奈川県警。


日本人の恥です。