読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポルシェに騙されるな!

ポルシェのヒット商品、ボクスターの2代目ニューモデルが発売に
なりました。


低重心でレスポンスに優れた911シリーズの水平対抗6気筒
エンジンを利用して廉価版の2座オープンスポーツを作り
出すという戦術はクルマ好きにとっては実にありがたいのだが、
今回も採用されている4輪ストラットサスだけは
何とかならないものだろうか。


4輪ストラットサスはFFに向く簡単便利最も安上がりな
サスペンションと言えるが、コーナリング時のリアキャンバー角
が変化しないのでコーナリングの限界性能において
致命的な欠点となる。
日本独自の余り性能を求めない軽量小型安価な軽自動車に
軒並み装備されているサスペンションである。


ボクスターのような1tを遥かに越すような重量のスポーツカーへの
採用に対して「ペテン」と言っては言い過ぎだろうか。


片やいつまでたってもリアエンジンというシーラカンスのような
駆動方式を取り続ける911


ハンドリング、コーナリング性能、直進性の悪さ、雨天走行の
危険性を抱え続けながら改革を無視している。


現在のポルシェでは生産台数の半数以上がSUVのカイエンであるから
今やポルシェも実はトラックメーカー!?

F1などの大きなレース活動からも手を引き、昔日の栄光はない。

「ポルシェ」というブランドを支えているのは仕事が激減している
チョーチン自動車評論家達のヨイショ記事である。

これらの自動車評論家達には一度『味噌汁で顔でも洗って出直して来い!』
と言ってあげたい(笑)