読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ、東京モーターショー

今回の東京モーターショーほどクルマオタクである私を
ガッカリさせたものはありません。


理由はフェラーリランボルギーニをはじめとするイタリアや
アメリカ、韓国のメーカーが出展していない点です。

そして一番見たいMAX、430Km/h以上のフランスのブガッティ・ヴュイロン
の新型も出展されていません。

おとなりの上海のショーでは各メーカーが
あんなに出展して盛り上がっていたのにです。


「人間、落ち目には成りたくないものだ」

各メーカーが出展しない理由は、

(1)落ち目の日本ではどうせ売れない。
(2)日本は出展費用が高い。
(3)日本での手続きは何かと面倒だ。


一方、日本の各メディアの報道では上記のような内容は一切告げず、
日本のエコカーは素晴らしい、日本には他国にはない技術がある、
だからスゴい。

まだまだ日本は大丈夫、とそればっかり。



私はハイブリットカーのような価格が高く10年乗っても元が取れない
エコカーには懐疑的です。

ハイブリットシステムを生産するにはより多くのCO2を排出し、
しかも8万kmぐらいの走行で寿命が来て、80万円以上の修理代を請求される
エコノミックではないエコロジーカー。


エコカーと言えばディーゼルエンジンが発達したヨーロッパでは
日本のハイブリットカーはほとんど支持されていません。

ガラパゴス」と言われて日本だけの仕様が発達した携帯電話同様の結末
がハイブリットカーに来る予感を強く感じます。