読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違法逮捕!

弊社の「無料取り締まりご相談センター」へのご相談で一番多いのが
誤作動頻発のオービスに関するものです。


皆様のご心配では呼び出しに応じないと逮捕されるのではないか、というのが
多いのですが、実際に逮捕されるケースは下記のようなものに限り、まず有り得ません。


大阪府警兵庫県警のような日本を代表する下品な警察が、他県警では「通知票」と
題するものを「呼び出し状」と高圧的に只の普通郵便を出してくる。

車検証上の単なる使用者あてに郵送する普通郵便は統計上
1000通の内3通は届きません。

そんなエエカゲンな通知で、法的に何の根拠も無い車検証上の使用者を
脅かして呼び出そうなど、100年早い行為です。

そのまま無視していると全く同じ文面の能の無い郵便が3回程来ます。

それでも無視していると近辺ならば全く似合っていない私服に着替えた
交通担当の警察官がオービスにドライバーの顔写真(白黒の赤外線写真)が
写ったものを持参して車検証上の住所に突然やって来ます。


そして本人がいれば本人に、いなければ同居人に写真を見せ確認をせまりますが、
「知りません」と言われりゃそれでチャラ、特に警察の脅しに弱い女性などが
写真の人物を夫や子と認め、なおも警察からの呼び出しに応じなければ、
いよいよ逮捕の恐れが出てきます』


しかし法律上はそうはいきません。


◆犯罪捜査規範第219条第1項(身柄拘束に関する注意)

交通法令違反事件の捜査を行うにあたっては、事件の特性にかんがみ、
犯罪事実を現認した場合であっても、逃亡その他の特別の事情がある場合のほか、
被疑者の逮捕を行わないようにしなければならない。


しかし警察庁主導の下、全国27万人の警察官が例外なく組織的に税金を
毎年400億円も詐欺・横領し、何度バレてもやめようとしない
犯罪者集団・警察のことですから、違法な逮捕など朝飯前のヘのカッパです。


税収も激減しているデフレ不況のこの時代、悪どい警察の法律の恣意的解釈
による悪用にハメられぬよう呉々もお気をつけ下さい。


★お困りの時には遠慮なく弊社の「無料交通取り締まりご相談センター」フリーダイヤル・携帯可
0088-222-221までご相談下さい。
待ってますヨ!