読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZEEKは邪悪な警察の取締りと闘っています(2)

ZEEKの「無料取り締まりご相談センター」には
毎日10件以上のご相談が有り、結構大変です(^o^)

プロドライバーを初め、営業マン、医師、教師、自衛官消防官
僧侶から牧師まで実に幅広い方々からご相談を受け、取締り評論家
らしく対処方法をズバリと解答しています。


多岐に渡る職業のご相談の方々が口を揃えて不満を述べるのは
『警察はキタナイ』の一点につきます。


警察の取締りで確かにキタネーと思えるのは
手ぐすねを引いて「待ち伏せ」をしてエラソーに取締りをし、
『法律通りやっている』とのたまうことでしょう。


本来待ち伏せというのは力の劣る者たちが持ちいる戦法であり、
警察のようなドライバーに対して
優位な立場を持つ者がやることではありません。


実に卑怯です。

そして警察全体が嫌われます。

だから警察官が結婚も友達も出来ない。

世の中のシッペ返しはキツいものです。

そしてご相談を受ける私が一番に「甘いなー」と感じるのは、
何故キタネー取締りやオービスの誤作動他の被害を受ける前に
防御策をとらないのかということ。


ご相談者の皆様がワンダープレートさえつけていれば
こんな目には合わないのに、というのが正直な感想です。


『ころばぬ先のつえ』
自分の身に何が起きるか分からない時代です。


邪悪な警察からの被害は決して他人ごとではありません。

後で悔いを残さないよう事前の防御に心掛けましょう。