読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう鯨を殺すのはやめにしましょう(2)

農水省の発表により今年の南氷洋での捕鯨を中止し、
来年からも実施しない可能性を示唆した。


理由は「反捕鯨団体シーシェパードの妨害行為から捕鯨船団の
安全を確保できない」という真っ赤に近い嘘である。

本当の理由は以下の通りである。
1、シーシェパードの発する鯨が嫌う超短波により鯨が捕鯨船団の
付近からいなくなり捕鯨ができない。

2、鯨肉は高い割には旨くなく売れないので在庫がダブついていて
採算が合わない。

3、国際的批判をあびてまで捕鯨を続ける必要はない。

なぜ農水省発表と真実がこうも食い違うのかと言えば、
それは農水省記者クラブでの既得権を獲得したTV、新聞などの
大手メディアが一方的に都合の良い農水省の発表を
タレ流しにしてるからに他ならない。

これは何も農水省だけに限ったことではなく、
警察庁だろうと相撲協会であろうと同じことであり、権力側と
大手メディアは既得権者としての共同意識を働かしているに過ぎず、
日本が古くからかかえる悪弊である。


決して騙されないようにしましょう(笑)
捕鯨において私達が一番に腹立たしいと感じるのは、
調査捕鯨だののもっともらしいことを言いながら毎年毎年
千頭もの鯨を殺し商業捕鯨を成り立たしている偽善性です。
「日本人はズルいぞー」と世界に発表しているようなものです。

中には「鯨食は日本の伝統的な文化だ」なんて言う人もいますが、
私達と同じ高度に発達した鯨のような哺乳類は私達人類の仲間であり
激しい痛みを与え殺して食うなどの行為は明らかに現代の
モラルに反しています。
即刻やめるべきでしょう。

アフリカやニューギニアでは伝統的な人食文化がありましたが
今ではやめています。

和歌山県太地町の残酷なイルカ漁やおとなり韓国の犬食い。

もうやめましょう、そんなこと。
他に安くておいしいものはいくらでもあるのですから…