読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察がつく代表的な嘘(6)

オービスの呼び出しに上申書を出すと逮捕される』


なあにを言っているんでしょうか(笑)
最近では警察が千葉日報産経新聞中日新聞などの
御用新聞の中でも超がつく程の「チョーチンメディア」
を使って弊社のH.P上に紹介されたさる警察嫌いの
ドライバーA氏の「上申書」をまねて出し、逮捕された
との記事がかまびすしい。


そしてそれらに共通しているのはチョーチンメディアが
A氏の上申書のかなめの部分『偽領収書を作成する等により
私達の納付した税金の詐欺、横領という犯罪をやめようとしない
警察に対して強い義憤を感じているので捜査への協力は一切お断りする』
という部分を勝手に割愛して上申書の原文を掲載している点である。


チョーチンメディアを繰る警察としては一番触れられたくない
警察庁主導の下に全国27万人の警察が例外なくやっている
犯罪事実はできるだけ隠しておきたいのでしょう。


そのような事情がかいま見えるだけにこれらのチョーチンメディアの
かいがいしさも伝わってきます。


今やチョーチンメディア程ネットの影響により存亡の危機に
立たされている企業もありません。


本来「顧客本位」ということで読者民衆の立場で
モノを書かなければならないメディアが権力側に
スリ寄って記事を作ったならば誰がそんなものを信用するでしょうか。


だから読者はドンドン新聞を読まなくなり新聞社は倒産する。

当然の理屈であり、最も危険な状態であると言われているのが
産経新聞です。


文頭にあるように上申書を出しただけで
即逮捕されるなんてことは絶対にありません。
理由はオービスに写った白黒の静止画像の赤外線写真一枚では
個人を特定することはできないからです。
写真は指紋やDNA鑑定とは違います。

ただでさえ世の中に似た人間は3人はいると言われているように
実にあいまいなモノなのです。


ただし警察はそのことを充分に心得ており時には
オービスの写真を持ってドライバーの家に突然押しかけ、
警察の脅しに弱そうな女性にむりやり写真の人物を
警察の意中の人物であると認めさせようとします。
警察はヤクザ以上に脅しで人を意のままにだまそうとする
集団ですから警察の脅しに屈して警察の言いなりに成れば、
その時点で逮捕状の請求も可能となる
条件が出てくることもあるでしょう。

しかしチョーチンメディアはこの条件を伝えず
単に上申書を出したから逮捕されたと掲載します。

これぞチョーチンメディアの真髄、
真骨頂の権力の『プロパガンダ』なのです。


ちなみにA氏によれば万が一警察がオービスの写真を
持って来た時には『上申書の通りである』と言って
110番しておっぱらうと良いそうです。
「毒をもって毒を制す」ということでしょうか。

令状が無いのに住居から出ていかないのは警察官と言えど
当然刑法130条の不退去罪となります。


このA氏の気合の入った警察嫌いにはほとほと感心させられます。

____________________________

A氏が警察に宅配便で出したという上申書

            上申書

ご指摘の車両は第三者に貸与してありましたが、その名前は明かせません。
誤作動を頻繁に繰り返し、多数の冤罪被害者を作り出しているオービスでの
取り締まりや、偽領収書を作成する等により私達の納付した税金の
詐欺、横領という犯罪をやめようとしない警察官に対して強い義憤を感じています。
ゆえに今後の捜査へのご協力は一切お断りいたします。
今後の警察からのご連絡についても全て無視いたします。以上