読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一つダメなら全てダメ!

『犬の連れ込み禁止!』

このような看板は富士山の美しい山梨鳴沢の
広大な芝生公園、空海が生まれたとされる讃岐の善通寺
日蓮が息を引き取った大本山池上本門寺
その他全国のいたる所で見かけられます。


その中でも日本て国は何ともコザカシー国だなと
思わせるのが上記の3ヵ所です。


雄大な富士を見渡す、さぞかし山梨県得意の公共事業
土建屋が税金で潤ったと思われる公園で
納税者が犬と一緒に散歩するなとはどういうことなんでしょうか。


そして日本を代表する宗教家である空海日蓮の精神を受け継ぎ
「生きとし生けるもの」全ての幸福を説く仏教寺が
境内を犬と散歩するなとケチなことを言うのも余りにも情けない。


笑えるのは「連れ込み」というフレーズ。
これは私のようなオジさん世代で今の「ラブホ」のことを
「連れ込みホテル」とベタに呼んでいたのを彷彿とさせます(笑)

これら犬の連れ込み禁止区域では
一部の人間が犬のフンを持ち帰らないので全面的に
犬の散歩を禁止したと推定されます。


ようは一部のマナーの悪さを是正するのは面倒だから
手っ取り早く全面禁止にしちゃった方が
簡単だということでしょうが、実に日本的。


上から目線のゴーマンな態度だと思います。
そこには利用客や参拝客への配慮など微塵も感じられません。
『お金を落としていかない者をお客とは言わない?』
それでは各家庭を無料で訪れる友人・知人もお客ではないのでしょうか。

無料でお訪ねいただけるお客様こそ大切にもてなす。

それこそが私達日本人の誇りだと思うのですが、いかがでしょうか。