読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料交通取り締まりご相談センターの舞台裏(4)


『ジョナサンで話しを聞きたい』といきなり携帯に警察官から
電話が入りストーカーされそうになったご相談者の女性がいました。

ことの顛末はこうです。


彼女は友人の女性にクルマを貸しました。


しばらくして警察からオービスの郵便通知が届いたが、
友人を売る訳にはいかないので
ホッたらかしておいたら上記の電話がかかってきたと言う。


このようなキモいお話しは決して珍しいことではありません。


理由は警察官は女性に全くモテず
性欲のタマった男達が多いので、オービスの写真の女性が気に入って
クルマの所有者と実際のドライバーとを勘違いし
オービスを光らせた弱味につけ込み
あわよくば性的な関係でも結ぼうとしたのでしょう。


結果は私からの「公安委員会にこのようなエロ警察官をしっかり監督しろ」
と電話をすると良いとのアドバイスで簡単に解決しました。


念の為、今のところ男性ドライバーがゲイの
警察官に誘われたケースはありません(笑)