読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料交通取締りご相談センターの舞台裏(1)

ジークの無料交通取締りご相談センターには
オービスの誤作動による冤罪被害者を中心として
毎日10名以上のご相談のお客様があります。



三菱電機製のオービスという機械はその精度が科学的に
実証されておらず、法廷においてもメーカーの技術者が
誤作動の存在を否定しない冤罪量産マシーンです。


世界中では日本にだけ大量に設置されているのです。


しかし警察は冤罪であろうとなかろうとオービスに写った
ドライバーに片っぱしから呼び出しをかけ
強引に有罪にしたてあげているのが実情です。


そんな警察の悪辣な行為は許せないとの全国8000万人のドライバーの声を
代表した方々のご相談がジークに届いているのです。




「来るな」と言っても押しかけて来た
刑法第130条(住居侵入等)違反の
フジテレビ・ディレクター
A氏









写真のクラーイ表情の人物が私が逆取材してあげた
フジテレビ・ディレクターのA氏


彼はジークの冤罪告発を
決して心良く思わない警察の手先として
電話での取材アポを断ったにもかかわらず
いきなり取材にやってきました。


私は第2次世界大戦末期に「一億火の玉」などと
権力の手先となり新聞紙面で本土決戦を煽り、
今だ何の反省の色もみせていない日テレ読売グループや
フジサンケイグループの取材は固くお断りしています。


理由は彼らは甘い言葉で取材をし、権力側に組した内容で
一方的に報道する事が目に見えているからです。
「そうは問屋が卸しません」
『味噌汁で顔でも洗って出直して来い』と追っ払ってあげました。(笑)



今度来たら刑法130条の住居侵入罪で刑事告発する代わりに
本当に顔に味噌汁をブッかけてあげましょう。
私の好きなアブラゲ入りにしようかな(笑)