読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタの七光り社長に大ピンチ到来

トヨタの七光り社長に大ピンチの到来です。



世界中で日本でプリウスの欠陥車問題!

電子系の欠陥により、約1秒近くブレーキが効かない状態が続くと言う。


トヨタと言えば自社にとって都合の悪いニュースはメディア側に
『広告を止めるぞ』との脅しによりモミ消す下品な企業としてあまりにも有名。


その民放によればブレーキが効かなくなる瞬間は僅か1秒間だけの事であり、
特に大した事では無いと言いたげ。



トヨタでも『お客様のブレーキフィーリングの違和感に過ぎない』
と七光り社長が主張する。



所が実際はどうだろう?高速道を時速100km/hで走行している時に
僅か1秒間にクルマは約28m程進む。

つまり28mの間ブレーキが全然効かないのである。



何と恐ろしいプリウス

エコどころか絶体絶命のスリルを味わえる訳だ。


運転には自信のある私ではあるが、こんなキレたクルマには
絶対に乗りたくない(笑)



トヨタが一番に大切にしているのは「お客様の安全」ではなく、
グループ企業に何10名といる「豊田一族の安泰」なのですから(笑)