読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横断歩道は歩道ではない

横断歩道を集団で横断中の列に酒酔い運転の車が突っ込み、
多くの死者を出すなどの悲惨な事故が無くなりません。


このような事故の時、
メディアはいつでも事故を起こした ドライバーだけが悪く
『こんな悪質なドライバーには 厳罰を』と声高に叫んでいますが、
何かあるたびに厳罰で対応。


これでは何の根本的解決にはつながらないと思います。

危機管理のできた歩行者は 横断歩道の信号が青だからといって、
絶対安全であると 思い込み横断はしません。


必ず、危険なクルマはないかと前後左右、遠くまで確認し、
走ってくるクルマがあれば お互いに目線でアイコンタクトし、
且つ、いつでも避けられるような体勢で横断歩道を渡るものです。


横断歩道は歩行者が横断している時にだけ
一時的に 歩道扱い となりますが、
本来は 車の通行する車道である事 を忘れてはなりません。


日頃から危機管理を身につけていない歩行者は、
極一部の危険なドライバーによって傷つけられ、
時には命までも奪われ、いくら謝罪・賠償されようとも浮かばれません。


『危機管理できない者は不幸となる』


これは現代社会の常識となっています。