読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キタナイ商売・銀行の正体

皆さんご存知ですか?銀行(全金融機関)程、商売人としてキタナイ商売をしている
業種は無いという事を。


通常、企業が銀行から融資を受ける場合は、契約書の写しを企業側には渡さない方が
後で事がうまく運ぶということなのです。ですから長期の返済の約束であれ、
それは口頭上の約束であり、今のような金融情勢となれば
いわゆる「 貸しはがし 」というような
一括での返済を企業に迫るというような『 あこぎ 』な取り立ても
可能となるのです。
口約束も立派な契約ですが、証拠が無いので、何でも有りという
のが銀行側の論理です。


そしてこの銀行側だけが所有するという
契約書に貼る4,000円以上の印紙代金や
担保の設定などに必要な費用なども、全て企業側に負担させます。


これらの行為は当然印紙税法違反、独占禁止法の優越的地位の乱用に抵触する
違法行為なのですが、企業側の金策の為に強要実行されています。


「 気に入らないなら金は貸さない 」という押しつけです。
金というものを商品にしてしまった商売は
「 魂を悪魔に金で売り渡してしまった商売 」と言えるでしょう。


金を持っている銀行には誰も文句をつけない世の中では、
私のようなオヤジには希少価値があるかも(笑)