読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【フザケルな警察! 3】

2005年4月1日から実施される「放置駐車違反制度」では
問題点があまりにも多すぎる。(2)

放置駐車違反金(クルマの持ち主が納付)の額は政令により
反則金(ドライバーが納付)の額と同額で下記の通りです。

普通自動車の場合〕
1、18,000円  交差点、横断歩道および
            5m以内などの駐停車違反。
2、15,000円  道路標識で駐車禁止場所とされた路線。
3、10,000円  パーキングメーター、パーキング・チケットの未納など。

警察からみれば、もうそこらじゅうの道路にお金が
ザックザクと落ちているエルドラド(黄金郷)状態です。

駐車違反を減らすには駐車場を増やすしかありません。
それもやらずに罰則を厳しくして、駐車違反を減らそうなど
「100年甘い」と言われても仕方がないでしょう。

もっとも警察にしてみれば、2007年問題
大量退職する警察官の再就職口の確保ができ
お金さえ入れば、駐車問題など
どうでも良いというのが本音でしょう。

放置車両確認章が貼り付けられた日の翌日から30日以内に
運転者が反則金を納付しなかった場合
クルマの持ち主(車検証の使用者)の住所に
「あなたの名義の車両がいつどこで放置駐車違反をした」
という通知と放置違反金の「仮納付書」が郵送されてくる。

◎クルマに放置車両確認章が貼り付けられた場合に
 ドライバーは警察に出頭する義務が生じるが、
  反則金を30日以内に納付しなかった場合に
 上記の手続きへと移行する。

〔車検リンク〕
クルマの持ち主が違反金を納付しないときには
国家公安委員会から、国土交通大臣へ通知され
次回の車検が取れなくなる

ここまでの問題点は
1、放置車両違反をしてもドライバーが警察に出頭せず
  反則金も納付せず、クルマの持ち主が違反金を
  納付した場合には、ドライバーの違反は一切、問われない。
  警察は金さえ入れば、どうでも良いと考えていることの
  表われである。
  ここまで金にこだわる警察とは?
  さすがにニセ領収書まで書いて、
  公金を詐欺・横領している警察官らしい。
  ようは「守銭奴」なのです。
  貧乏人出身の警察官が多いからでしょう。

2、次回の車検までに車両の名義変更がされた場合には
  ドライバーはもとより、クルマの所有者にとっても何の
  ペナルティにもならない。
  つまり、実に不公平感の強い制度なのです。

3、名義変更書類をつけて車両を販売した後に
  第三者が放置駐車違反をした場合には、
  前の持ち主に違反金を納付する義務が生じ、
  この間違いを警察に証明するには
  大変な労力が必要であり、不可能に近い。
_________________________

ズルイ警察の言いなりになる前に、
 遠慮なくお電話にてご相談下さい。(もちろん無料です)

交通取り締まり 評論家 フルブースト椎橋
TEL.03-5653-1500 http://www.zeek.co.jp